鶴丸のときどき日記

わたしの平成記⑨(平成9年)

 

平成9年・1997年

 

佐賀熱気球世界選手権

 

佐賀市で開催されました。

 

バルーン

 

佐賀市での世界選手権開催はこの時2回目。

 

今より開催時期が遅く11月中旬に開幕しました。

 

早朝は寒かったことを覚えています。

 

 

“競技”と言われてもピンとこないという人も

 

多いと思いますが

 

バルーンはスカイスポーツ。

 

世界の強豪パイロットが集い

 

最高峰の戦いを見せてくれました

 

 

 

この年、フジテレビが東京お台場に本社を移転。

 

フジ

 

建物のシルエットだけで どこの会社なのかがわかる

 

お台場のランドマークです。

 

初めて出張で行ったときには

 

その大きさに圧倒されたものです。

 

 

 

さて、この年はスポーツで興奮した瞬間がありました。

 

『ジョホールバルの歓喜』です

 

 

初のワールドカップ出場を目前で逃した

 

あの『ドーハの悲劇』から4年。

 

サッカー日本代表は

 

ワールドカップ フランス大会に出場すべく

 

アジア最終予選に駒を進めました。

 

 

そしてマレーシアのジョホールバルで開催された

 

運命のイラン戦。

 

 

文字通り、手に汗握る試合は2対2で延長戦

 

突入します。

 

当時は延長に入ると決勝点が入った瞬間に試合が終わる

 

“ゴールデンゴール(Vゴール)方式”

 

採用されていたこともあって

 

両チームが決定的なチャンスを逃すたびに

 

心拍数が上がったものです。

 

 

そして歓喜の時がやってきます。

 

途中出場の“野人”岡野雅行選手

 

相手キーパーのはじいたボールを

 

スライディングしながらゴールに押し込みます。

 

写真で見ると、こんな感じ(手を水平に広げています)

 

野人

 

実況がアナウンサーがゴールを伝えるより早く

 

普段は冷静な解説の清水秀彦さんが

 

「やったー!!」と絶叫。

 

両手をあげて全速力でピッチになだれ込む

 

岡田監督らスタッフ

 

 

今まで何度も繰り返し放送されてきた名場面です。

 

 

 

あれほど苦しんで手にしたワールドカップの出場権

 

その後、日本は6大会連続で本大会に出場します。

 

 

2018年ロシア大会でも下馬評を覆して

 

決勝トーナメント進出を果たし

 

私たちを興奮させてくれました

 

次こそはベスト8進出を

 

 

 

【平成9年のおもな出来事】

■神戸連続児童殺傷事件

■ダイアナ元英皇太子妃が交通事故死

■「たまごっち」がブームに

 

<
>

Tsurumaru Hideki

  • 出身地小城市
  • 星座おうし座
  • 血液型B型
趣味
お笑いDVD鑑賞、映画、ゴルフ
ひとこと
アナウンス歴は20年を超えましたが日々勉強です。
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930