鶴丸のときどき日記

わたしの平成記⑪(平成11年)

 

平成11年・1999年

 

FNS27時間テレビの1コマ。

 

バスケ

 

2年ほど前にもアナ日記にあげた写真ですが、

 

この年、系列対抗のスーパーバスケ大会で

 

見事、サガテレビ代表チームが優勝しました。

 

 

FNS27時間テレビでは

 

毎年、系列各局対抗企画があったのですが

 

なぜかサガテレビは抜群の力を見せ

 

私が中継に関わった分でも

 

○×クイズ王大会で2回、スーパーバスケ大会で2回、

 

全国一斉期末テスト(サマージャンボ・バカ)で1回、

 

合わせて5回も頂点に立っています

 

楽しかったな~

 

バスケ2

 

 

 

 

佐賀県ではこの年、みどりの森県営球場が完成。

 

プロ野球の公認規格を満たした県内最大の野球場で

 

「これでプロ野球の試合が佐賀で見られる」

 

興奮したものです。

 

甲子園を目指す高校球児の戦いの舞台にもなっています。

 

 

もう一つ、県立宇宙科学館「ゆめぎんが」

 

この年の開館です。

 

子供たちが楽しみながら科学を学べる施設として人気。

 

企画展の内容も濃く、かちかちPressでもよく中継で

 

お世話になっています。

 

 

 

 

さて、私ぐらいの年代だと、1999年と聞くと

 

人類滅亡を示唆したとされる

 

『ノストラダムスの大予言』を思い浮かべる方、

 

多いのではないでしょうか。

 

ノストラダムス

 

「1999年7の月

 

空から恐怖の大王が降りてくる

 

アンゴルモアの大王を復活させるために

 

その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに

 

支配に乗り出すだろう」

 

 

訳者によって多少の違いはありますが

 

だいたい、こういった内容です。

 

 

恐怖の大王の正体は“核ミサイル”なのか

 

それとも“巨大隕石”なのか

 

はたまた“未知のウイルス”なのか

 

いろんな解釈がありました。

 

私も中学生のころでしょうか、

 

五島勉さんの大予言シリーズの本を読み

 

怖くなり、夜眠れなくなったことは

 

1度や2度ではありません。

 

 

さすがに大人になってからは

 

それまで的中したと言われている予言詩についても

 

「こじつけじゃん!」と思い

 

信じていたわけではありませんが、

 

世紀末思想というか

 

何かよからぬことが起きるのではないかという

 

漠然とした不安が世の中にあったのかもしれません。

 

結局、7月が過ぎても地球は滅びませんでした!

 

 

 

もう一つ、この年心配されたのが

 

『2000年問題』です。

 

コンピューターシステムで、日付を扱う際に

 

4桁の西暦の数字のうち下2桁のみを取り扱い

 

上位2桁を省略しているのが原因で

 

99から00に変わったとたんに

 

誤作動を起こすのではないかという危惧です。

 

 

991231

  ⇒ 000101

 

 

“銀行のシステムがトラブルを起こす”、

 

“航空機が墜落する”、“原発が暴走する”、

 

“核ミサイルが誤発射される”等々

 

いろんな懸念が取り沙汰されました。

 

(ノストラダムスよりは説得力・現実味がありました。)

 

 

各自治体の消防団が待機するような状況のなか

 

特にトラブルもなく 1999年12月31日から

 

2000年1月1日に無事、日付が変わりました。

 

 

もともと、さほど大きな危機ではなかったのか、

 

それとも技術者や関係機関の努力のおかげなのか。

 

くわしくはわかりませんが

 

何はともあれ2000年代に入りました。

 

 

 

【平成11年のおもな出来事】

■東海村臨界事故

■宇多田ヒカル デビュー

■『だんご3兄弟』  『LOVEマシーン』 大ヒット

 

<
>

Tsurumaru Hideki

  • 出身地小城市
  • 星座おうし座
  • 血液型B型
趣味
お笑いDVD鑑賞、映画、ゴルフ
ひとこと
アナウンス歴は20年を超えましたが日々勉強です。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031