重粒子線がん治療を語る

基調講演「放射線治療のススメ」
東京大学医学部附属病院放射線科
准教授 中川 恵一氏

中川原 章

1960年、東京都生まれ。85年、東京大学医学部医学科卒業、同医学部放射線医学教室入局。89年、スイスPaul Sherrer Institute へ客員研究員として留学。 同年、社会保険中央総合病院放射線科へ。93年、東大医学部放射線医学教室助手を務めた後、96年、同専任講師、2002 年、同准教授。03年、同附属病院緩和ケア診療部長(兼任)となる。現在、福島県飯館村を中心とした原発事故被災者の支援を行うなどの活動も行っている。主な著書に『緩和医療のすすめ』『ビジュアル版 がんの教科書』『がん!放射線治療のススメ』『がんのひみつ』『放射線医が語る 被ばくと発がんの真実』など

Guest Speaker 元プロ野球選手 今井 雄太郎氏

今井 雄太郎氏

元プロ野球選手(投手)。阪急・オリックス、ダイエーで活躍。中越高校~新潟鉄道管理局(現:JR東日本 新潟支社)~ 1970年ドラフト2位で阪急ブレーブスに入団。1978年8月31日、対ロッテ戦で史上14人目の完全試合を達成した昭和最後の完全試合投手。重粒子線がん治療の体験者の立場として、サガハイマットで行われたがん治療について生の声で語っていただきます。

プログラム

開会挨拶

18:30 – 18:35
公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団 理事長 中川原 章

近況報告

18:35 – 19:05
九州国際重粒子線がん治療センター センター長 塩山 善之

基調講演「放射線治療のススメ」

19:05 – 19:55

東京大学医学部附属病院放射線科 准教授 中川 恵一氏

パネルディスカッション

20:00 – 20:30
サガハイマット治療体験者(元プロ野球選手) 今井 雄太郎氏
九州国際重粒子線がん治療センター センター長 塩山 善之
九州国際重粒子線がん治療センター 主任医長 篠藤 誠

※出演者は予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

参加申込み

応募フォームはこちら

FAX用申込書ダウンロード

FAX送付先:0952-29-2868

主催・後援

主催

サガハイマット・テレビ西日本・サガテレビ

後援

福岡県、福岡市、佐賀県、公益社団法人 福岡県医師会、一般社団法人 福岡市医師会、佐賀県医師会、九州大学病院、福岡大学病院、独立行政法人国立病院機構 九州医療センター、独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター、福岡県済生会福岡総合病院、一般社団法人 九州経済連合会、福岡県商工会議所連合会、福岡県商工会連合会、福岡商工会議所、一般社団法人 生命保険協会福岡協会、一般社団法人 日本損害保険協会九州支部、九州電力、九州旅客鉄道株式会社、九電工、西日本新聞社

お問い合わせ

サガテレビ

TEL:0952-23-9118(平日 9:30~17:30)

サガテレビトップに戻る