kaiki

このたび、ホキ美術館コレクションによる九州初となる展覧会を佐賀で開催いたします。

ホキ美術館は、日本で初めての写実絵画専門館として、2010年11月千葉市緑区に開館しました。
現代日本の写実絵画を収集するとともに、新しい作家の発掘と育成にも努める同館は、近年の美術界における写実ブームの火付け役とも言えるでしょう。

本展では、昨年逝去された日本写実絵画の第一人者・森本草介や写実界を常にリードし続ける野田弘志、中山忠彦のほか、中堅若手までの27名の作家による70点の作品を九州初公開。
絵画でありながら実物を見ているような、あるいは実物以上にリアリティを感じるような、驚きの写実絵画の世界をお楽しみください。


前売
一般1,000円、中学生・高校生600円
当日
一般1,200円、中学生・高校生800円、小学生以下無料
チケット取扱い
チケットぴあ(Pコード768-136)
ローソンチケット(Lコード82637)、セブンチケット、佐賀県立博物館、佐賀玉屋、ゆめタウン佐賀、モラージュ佐賀、佐賀市文化会館

※障害者手帳保持者および介助者1名は無料
※中高生は学生証提示

img

ok

館内写真撮影は基本厳禁となっていますが、
石黒賢一郎「SHAFT TOWER(赤平)」のみ写真撮影OKです。
撮影コーナーは会場出口付近に設置しています。

okphoto

写実画家、小木曽誠と塩谷亮によるギャラリートーク

同世代の二人の作家がこれまで牽引してきた写実絵画の先輩方やこれからの世代の作家までをそれぞれの視点で読み解く。

4月1日(土) 14時~

演題/「写実絵画を読む」
講師/小木曽誠先生×塩谷亮先生
会場/佐賀県立美術館 [参加無料]

41sensei

写実画家、大畑稔浩と小尾修によるギャラリートーク

人間の目で見たままを描く写実絵画。そこには画家ごとに、あるいは作品ごとに一つ一つ個性を持つ。今回は二人の作品を中心にそれぞれの個性に迫る。

4月8日(土) 14時~

演題/「写実絵画と個性」
講師/大畑稔浩先生×小尾修先生
会場/佐賀県立美術館 [参加無料]

48sensei

連動展 「DRAWLING ~描く系譜~小木曽誠とその周辺展」

開催期間
 ・2017年4月1日(土)~2017年4月16日(日)
開館時間
 ・10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日
 ・月曜日
場所
 ・佐賀大学美術館(佐賀市本庄町本庄1番地)
入場料
 ・無料
主催
 ・サガテレビ
「小木曽誠新作」「大畑、小尾、小木曽写実絵画コレクション(佐賀在住コレクターによる)」「佐賀大学出身の全国で活躍する若手作家」の3部構成

交通案内

JR佐賀駅から

 ・佐賀市営バス約15分
 ・自動車・タクシー約11分
 ・徒歩約30分

長崎自動車道 佐賀大和ICから

 ・自動車約25分

九州佐賀国際空港から

 ・自動車・タクシー約21分
 ・佐賀市営バス約30分

駐車場 収容台数114台※障害者用駐車場5台含む※利用料無料

お問い合わせ先

サガテレビ事業企画部 TEL0952-23-9112

主催サガテレビ
共催/西日本新聞社
後援/佐賀県教育委員会、佐賀市教育委員会、テレビ西日本、佐賀新聞社、エフエム佐賀、NBCラジオ佐賀、九州旅客鉄道、LOVE FM
企画制作協力/ホキ美術館
特別協賛/佐賀労済
協賛/全労済佐賀県本部、枝國医院、神埼病院、草場整形外科、久保田産婦人科・麻酔科医院、こが内科こどもクリニック、佐賀リハビリテーション病院、田中産婦人科、中央クリニック、鶴田整形外科、百武整形外科・スポーツクリニック、平林胃腸科外科、美川眼科医院、みぞかみ耳鼻咽喉科、横尾クリニック