古唐津の共演

田中丸コレクション

田中丸コレクションとは、佐賀県小城市牛津町で生まれ、玉屋百貨店の経営者であった田中丸善八氏(1894-1973)が蒐集した九州古陶磁のコレクションである。唐津、高取、上野、薩摩、伊万里、柿右衛門、鍋島なと、九州陶磁の主要な窯をほぼ網羅し、かつ、それぞれの窯の特質を示す名品の数々は、田中丸氏の生前から、愛陶家や研究者の間で高く評価されている。田中丸氏の蒐集は、当初、伊万里、柿右衛門、鍋島などの色絵磁器から始まるが、昭和12年(1937)に購入した「絵唐津木賊文茶碗」をきっかけに、古唐津の魅力に取りつかれていく。その後も九州古陶磁の蒐集は逝去されるまで続けられるが、蒐集品の約四分のーが古唐津で占められるのも、善八氏がいかに古唐津の美しさに魅了されたかをうかがわせる。

img-min

img1-min

中里コレクション

中里コレクションとは、平成21年に8本芸術院会貝中里逢庵氏(十三代中里太郎右衛門)の遺族により唐津市へ寄贈された中里家収集による陶磁器のコレクション。逢庵氏は芸術家としてだけではなく唐津伝統の「叩き」技法のルーツの研究で博士号を取得するなど、陶芸学者としても多大な功績を残している。コレクションの大部分は逢庵がそうした研究の中で訪れた国内外で収集されたもので、その内容は日本・中国・韓国・東南アジア・中東など多岐にわたる。陶磁器約700点と調査研究のために古窯跡から収集された陶片約15,000点から構成され、その中でも伝世品を含む古唐津の資料は質・量ともに充実しており、今後の唐津焼の調査研究の資料として大変貴重なものとなっている。

会期

■ 4月13日(金)~5月13日(日)
■ 午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

休館日:4月16日(月)・23日(月)・5月7日(月)

会場

■ 唐津市近代図書館 美術ホール

住所:〒847-0816佐賀県唐津市新興町23番地
JR唐津駅南口から徒歩1分/アルピノ前バス停から徒歩5分
電話:0955-72-3467

■ アクセスマップ

map

観覧料

■ 一般500円
■ 唐津市在住75歳以上の方 250円
■ 高校生以下 無料

※障がい者手帳をお持ちの方と同行者1名 無料(手帳を御提示下さい)

関連イベント

4月28日(土)14:00-

田中丸コレクション
久保山炎学芸員によるギャラリートーク
※申込不要・要入場料

5月4日(金·祝)14:00-

陶芸家岡本作礼による
ギャラリートーク
※申込不要・要入場料

主催

古唐津展実行委員会(事務局/stslogo

共催

西日本新聞社・唐津やきもん祭り実行委員会

監修

十四代中里太郎右衛門

協賛

-kbg

お問い合わせ

サガテレビ事業企画部
電話:0952-23-9112(月~金/10:00~17:00)