トヨタ工機株式会社

01放送日:6月5日

九州の製造拠点として、1979年に設立された吉野ヶ里工場は、主にコンクリート製品の型枠製造を手掛け、国内はもとより海外でも活躍しています。
ここで製造されている型枠は、複雑であっても、開いたり閉じたりできる構造によって、コンクリートを取り出すことが出来ます。
それは、日々難題をクリアするために、試行錯誤を重ねて培ってきたトヨタ工機だからこそ、持ち得たノウハウであり技術力なんです。

02放送日:6月12日

トヨタ工機で製造されている複雑な型枠は、およそ6000個もの部品から組み立てられています。
流し込まれるコンクリートを締め付けて、固まった後に、どのように開ければコンクリートを取り出せるかを考えて図面を作らなければなりません…。
そして完成した型枠の最後の関門!全ての型枠は水を用いて検査され、型枠から水が漏れなければ合格です。