株式会社九州トリシマ

01放送日:1月3日

1990年設立の九州トリシマは、工場や人々のライフラインに直結する様々なポンプを製造・販売しています。
トリシマグループはアメリカやアジア、ヨーロッパなど、世界にネットワークを広げているもの凄~い会社なんです!
今回は、九州トリシマの工場で製造されているポンプについて伺います。

02放送日:1月10日

ポンプは、遠心力を利用したモーターを動力とし、圧力をかけることで水を上へ押し上げる仕組みになっています。
その電力は、日本の電力の30%を占めると言われています。
そのため、トリシマでは徹底的にポンプの使用効率にこだわることで省エネを実現しています。

03放送日:1月17日

九州トリシマの工場では、加工から組立・試験・塗装・出荷までを一貫して行います。
工場内には、製造された部品を一旦保管し、顧客の要求に合わせて必要な部品を取り出してくれるハイテクな倉庫があります。
創業当時から受け継がれる「金銭の赤字は出しても信用の赤字は出すな」の精神のもと、徹底した品質管理が行われています。

04放送日:1月24日

ポンプの組立作業の現場には、標準のポンプを流れ作業で組み立てる「組立てライン」と、1台をすべて一人で組み立てる「多段・大型組立場」があります。
多段ポンプは部品の数も多く、チェック項目も多いため流れ作業では対応できません。
ポンプの塗装場では、流す液体に対応した様々な塗装が施されます。

05放送日:1月31日

トリシマでは、ポンプの理解を深めることが出来る研修会が開かれています。
元々は技術向上のために、社員専用で行われていましたが、現在ではポンプの事を多くに人に知ってもらい、トリシマのファンを増やすためにオープンで開催されています。
更には、より深くポンプを知るための実習会も行われています。