県内で火事相次ぐ

2017/08/11 (金) 18:41

11日午後、武雄市と上峰町で、倉庫や住宅などが焼ける火事がありました。いずれもけが人はいないということです。午後1時すぎ、武雄市若木町本部の86歳の女性宅の倉庫から出火し、およそ3時間後に鎮火しましたが、木造2階建ての倉庫およそ600平方メートルが全焼しました。警察によりますと、出火当時、住人の63歳の女性が倉庫の外で枯れ草を燃やしていて、水をかけて火を消しその場を離れましたが、火の音に気付いて戻ると、火が地面から倉庫の外壁のツタを伝って燃え移っていったということです。また、この後、倉庫から200メートルほど離れた近所の住宅の2階から出火し、木造2階建て住宅が半焼しました。警察は、倉庫から火の粉が飛ぶなどして、燃え移った可能性もあるとみて調べています。また、午後4時ごろには、上峰町前牟田の住宅から出火し、1時間余り後に消し止められましたが、警察によりますと、木造2階建て住宅およそ230平方メートルが全焼しました。いずれの火事でも、今のところけが人は確認されていないということです。

8/11 (金)のニュース

最新のニュース