今季初 インフルエンザによる学級閉鎖

2017/09/13 (水) 12:03

佐賀市の県立高校で今シーズン初めてインフルエンザによる学級閉鎖があり、県は石けんでこまめに手を洗うなど感染予防の徹底を呼びかけています。県によりますと佐賀市の致遠館高校で、1年2組と6組の2クラス80人中、あわせて15人がインフルエンザで欠席していることを受け、13日から15日までの3日間、学級閉鎖を決めたということです。県内でインフルエンザによる学級閉鎖は今シーズン初めてです。これからインフルエンザの流行が始まる時期となり、県によりますとこの時期の学級閉鎖は、例年より早いということです。県は、石けんを使ったこまめな手洗いや、体調を崩したと思った場合は、早めに医療機関を受診するよう呼びかけています。

9/13 (水)のニュース

最新のニュース