ニセ電話詐欺で80代男性が800万円被害

2017/10/12 (木) 12:02

見知らぬ男から「裁判を避けるためには通帳が必要」などとうその電話を受けた80代男性が800万円をだましとられました。警察がニセ電話詐欺事件として捜査しています。先月11日、佐賀市内の80代男性の自宅に見知らぬ男から「あなたの個人情報が複数の会社に登録されている。情報を消すには名義を変えなければならない」などと電話がありました。その後、弁護士を名乗る男から「名義を変えると裁判になる。避けるには通帳が必要」などと電話があり、信じ込んだ男性は自宅を訪れた男に預金通帳を手渡し、4回に分けてあわせて800万円が口座から引き出されたということです。警察によりますと「裁判になる」などと不安をあおるような言葉を巧みに使った詐欺があとをたたないことから「電話でお金の話はすべて詐欺」と注意を呼びかけています。

10/12 (木)のニュース

最新のニュース