大学入試センター試験県内でも始まる

2018/01/13 (土) 11:48

大学入試センター試験が全国一斉に始まり、佐賀県内では3800人の受験生が、大学への第一関門に挑んでます。県内では佐賀市にある佐賀大学の2つのキャンパスで試験が行われています。気象台によりますと、佐賀市では午前5時頃に氷点下3.2度と、この冬最も低くなり、受験生が集まり出した8時でも、氷点下2.1度を観測しました。県内の今年の志願者は、去年と同じ3800人で、1日目は「地理歴史」、「公民」、「国語」、「外国語」の試験が行われています。佐賀大学によりますと、今のところ目立ったトラブルはなく、順調に実施されているということです。2日目のあすは「理科」と「数学」が行われ、佐賀大学では、受験生の送迎の車で渋滞しないように、公共交通機関の利用を呼びかけています。

1/13 (土)のニュース

最新のニュース