13日朝にかけて大雪のおそれ

2018/02/12 (月) 16:48

県内は13日朝にかけて大雪となるおそれがあり、特に12日夜はじめごろから13日朝にかけて雪の降り方が強まる見込みです。11日夜から断続的に降っている雪の影響で県内の高速道路は全線通行止めとなっていましたが、午後すべて解除されました。気象台によりますと13日朝にかけて大雪となるおそれがあり、特に12日夜はじめごろから13日朝にかけて雪の降り方が強まる見込みです。13日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで山地は10センチ、平地で5センチと予想されています。気象台は、積雪や路面凍結による交通事故などに注意を呼びかけています。

2/12 (月)のニュース

最新のニュース