JR運転士が高校生へマナー教室

2018/04/16 (月) 13:06

ワンマン列車が通る唐津線沿線の高校の新入生に乗車方法などを知ってもらおうと、JR九州の運転士や車掌の有志によるマナー教室が開かれました。このマナー教室は、JR唐津線を走るワンマン列車を初めて利用する高校生が乗り方が分からずダイヤの乱れにつながっていたことから乗車の仕方などを知ってもらおうと、JR九州の運転士や車掌の有志が開いたものです。この日は唐津線沿線に4つある高校のうち唐津工業高校でマナー教室が開かれ、生徒およそ150人が参加しました。ワンマン列車は1両目の後ろから乗車し前から降りるなど通常の列車とは異なる乗車方法となっていますが、生徒は実際の車両を再現した寸劇に参加するなどして楽しみながら学んでいました。【電車通学を始めた生徒】「自分も最初は前から乗ったりしていました。しっかりとマナーを守って乗車したいと思いました」このマナー教室は以前も開かれていましたが職員の異動などで取りやめとなり、今年14年ぶりに復活したということです。教室に参加した運転士や車掌は「今後もこうした教室を開き乗車マナー向上に努めたい」と話していました。

4/16 (月)のニュース

最新のニュース