県内の環境保全に 伊藤園が県に寄付金

2018/04/16 (月) 16:22

県内の環境保全活動に役立ててもらおうと、飲料メーカーの「伊藤園」が16日緑茶商品『お〜いお茶』の売上金の一部を県に寄付しました。「伊藤園」は、「お茶で佐賀を美しく」という環境保全キャンペーンを展開しています。虹の松原や有明海などの環境保全活動に役立ててもらおうと16日『お〜いお茶』の1月下旬から3月中旬にかけての売上金の一部、30万円を県に寄付しました。県への寄付は今回で6年目で、総額は186万円となりました。また、社員とその家族らが参加して有明海の清掃活動なども行いました。【伊藤園・中四国・九州地域営業本部長 吉田秀樹さん】「私どもの事業活動は水・自然に非常に密接した事業活動なので、環境保全に少しでもお役立てできればと」伊藤園は去年、太良町に「お〜いお茶」専用の茶畑を新設していて、全国で展開する「茶産地育成事業」を佐賀県でも進めていく方針です。

4/16 (月)のニュース

最新のニュース