山口知事 再選目指し立候補表明

2018/06/13 (水) 12:14

「県民とともに世界に誇れる佐賀県を実現したい」。山口知事は午前の県議会一般質問でこのように述べ、今年12月に投開票される佐賀県知事選挙に再選を目指し立候補する意向を表明しました。【山口知事】「県民の皆さんとともに世界に誇れる佐賀県を実現するために、再び年末の知事選挙に挑戦する決意をいたしました」13日開かれた6月定例県議会の一般質問で、再選を目指し知事選に立候補する意向を表明した山口知事。ガラス張りの県政の実現や情報発信での成果を強調したうえで、「5年後の佐賀国体の開催のほか着手しはじめた事業を佐賀の発展に結び付けていかなければならない」などと立候補の理由を挙げました。山口知事は、埼玉県出身の52歳、元総務省官僚で2015年1月の佐賀県知事選挙で初当選しました。任期満了に伴う知事選は、11月29日告示、12月16日に投票と開票が行われ、現在、共産党が候補の擁立を検討しているということです。

6/13 (水)のニュース

最新のニュース