缶ビールに“幕末維新デザイン缶”

2018/09/14 (金) 18:52

ビールで佐賀の歴史に思いをはせてみてはいかがでしょうか。「肥前さが幕末維新」の文字などをあしらった缶ビールが発売されるのを前に、キリンビール関係者が山口知事を訪問しました。幕末期に佐賀藩がつくった、蒸気船「凌風丸」と「築地反射炉」をあしらった缶ビール。14日は製造したキリンビールの関係者が県庁を訪れ、来週火曜日に発売される「肥前さが幕末維新デザイン缶」を紹介。山口知事に1ケースを手渡しました。この缶ビールは、明治維新150年を記念して作られたもので、佐賀の先人の偉業を振り返りその「志」を未来につなげてもらおうという思いが込められています。【キリンビール永嶋晋・佐賀筑後支店長】「佐賀の良さを改めて感じて頂いて一緒に盛り上げて頂きたいという風に思っていますし、県外の方にもいろいろと佐賀の良さを知って頂く一助になればと」この缶ビールは佐賀と福岡、長崎の3県で販売され、およそ15万本の出荷を予定しているということです。

9/14 (金)のニュース

最新のニュース