佐賀市が博多大丸で情報発信

2018/11/08 (木) 18:44

佐賀市は、福岡での情報発信を強化するため、百貨店の「博多大丸」と提携することを発表しました。【秀島敏行市長】「福岡市を代表する博多大丸。強力な助っ人をいただいたという気持ちです」【博多大丸・柚木和代社長】「九州全域の情報発信を博多大丸の地を使って広げていきたい。アジアに向けての情報発信もしていきたい」「博多大丸」は創業65周年を迎えたのにあたり、『九州探検隊』として九州の各市の情報を来店客や法人の顧客に紹介するプロジェクトを展開しています。佐賀市はこれに賛同して博多大丸を「情報アンバサダー」と認定し、今後、博多大丸店内で佐賀市の農水産物やイベントを紹介するということです。8日はその一環として制作された佐賀牛のPR動画が公開されました。動画は、脳科学者の茂木健一郎さんが、佐賀牛の霜降り=サシを見るだけで脳内でドーパミンが出て幸せを感じると解説する内容です。佐賀市はこの動画をおよそ130万円かけて制作し、今後、佐賀牛のサシの魅力を訴えるプロモーションを展開していくということです。

11/8 (木)のニュース

最新のニュース