Vリーグ

担当記者:川野 優也
2017/12/06
放送分

今回は、「Vリーグ」についてお伝えします。

この「Vリーグ」の「V」、なんだと思いますか?

新井先生

ビクトリーのV

「正解は「バレーボール」と「ビクトリー(勝利)」です。

「Vリーグ」とは、1994年に発足したバレーボールの国内最高峰のリーグのことです。現在、「プレミアリーグ」「チャレンジリーグⅠ・Ⅱ」の3つに分かれていて、男女合わせておよそ50チームが参加しています。

さて、Vリーグは「国内最高峰のバレーボールリーグ」だと先ほど言いましたが、野球の「セリーグ・パリーグ」、サッカーの「Jリーグ」とは明確に異なる点が1つあります。それは…

「“プロチーム”ではない」ことです。

Vリーグに参加しているチーム名をご覧ください。

「久光製薬」「トヨタ車体」「JT」…。
有名な企業の名前が並んでいますよね。実はVリーグの選手のほとんどが、こういった企業の「社員」で一般のサラリーマンやOLと立場的には同じなんです。

そしてこの中で、久光製薬スプリングスは佐賀県鳥栖市に本拠地を置いています。

現在選手は19人いますが、全員が「久光製薬 鳥栖工場 厚生部」という部署に配属されています。

中島つぐまさ

じゃあ、普通の会社員みたいにオフィスで働いているの?

いえ、選手の仕事はあくまでバレーボールです。
自分のプレーを通じて会社を宣伝、PRする役割を担っています。
ちなみに「鳥栖工場“厚生部”」というのは、久光製薬の中でバレーボールが社員の「福利厚生」の一環で始まり、それが発展して今のチームになったからだということです。

鶴丸アナ

すごい選手たちですが、会社員と聞くと親近感がわきますね。

さて、久光製薬が参加しているV・プレミアリーグ女子は今シーズン、10月から3月までの半年間でこのような方式で行われます。

まずは8チームによる3回戦総当たりの「レギュラーラウンド」。
勝ち残った6チームがまた総当たりで「ファイナル6」を戦い、この上位3チームがトーナメントでチャンピオンを争う…という方式です。

中島つぐまさ

それで、久光製薬はどれくらい勝ってるの?

今、レギュラーラウンドの最中で、21試合中13試合が終わりました。
その結果…13勝0敗で1位を独走しています。(2017年12月6日現在)

そして今週末12月9日と10日に久光製薬スプリングスの試合が佐賀県総合体育館であります。1年に1度のホームゲームです。
その試合にかける想いを選手に聞くと、キャプテンの栄絵里香選手は「ホームということでたくさんの人に恩返しというか、自分たちの力をしっかり出し切って、勝つことでみんな元気になると思うので、しっかり勝ちに行きたい」と話していました。

鶴丸アナ

開幕13連勝ですから、その連勝をまさかホームの佐賀で途切れさせるわけにはいかないですよね。

たくさんの人に応援に行って頂きたいですし、行けない人はぜひサガテレビを見て応援してほしいなと思います。
以上ニュースウォッチでした。

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ