番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. つぐまさがゆく!
  4. メイドイン佐賀!いのり薪

メイドイン佐賀!いのり薪

佐賀市三瀬村に、普段は見かることのない珍しいお店があることをご存知でしょうか?そのお店とは、薪ストーブ専門店の「薪と薪ストーブショップ いのり薪」。今回は、そんな珍しい薪ストーブ専門店がどのようなものを販売しているのか、なぜ薪ストーブ専門店を始められたのか、話を聞いてきました。


そんな気になる薪ストーブ専門店は、佐賀市三瀬村にある、まっちゃんの目の前にありました。お店の名前は薪と薪ストーブショップ いのり薪です。

早速店内に入ってみると、たくさんの薪ストーブが…!! よく見かけるものから最新のものまで、様々な種類の薪ストーブが並んでいました。
こちらのお店では、ストーブの購入から設置までも行っていらっしゃいます。

薪ストーブの魅力とは…?

薪ストーブといっても、普段あまり触れ合う機会がないため、詳しいことが全くわからないつぐまささん…。
そこで、薪ストーブについての知識を教えてもらうため、お店のオーナーの渡辺博之さんに色々と話を伺います!


まず、薪ストーブは大きく分類すると、北米系ヨーロッパ系に分けられるそうです。北米系は高効率を求めた火力重視、ヨーロッパ系は炎の美しさを求めた作りになっています。

薪ストーブの利点としては、空気を温めるエアコンに対して、薪を燃焼させた熱エネルギーが遠赤外線となり、物体そのものを温めることができます。薪ストーブを使うことによって、体自体、建物自体を温めることができるのです。
さらに、災害時に停電した際には料理をすることができるうえ、明かりにもなるので、防災対策にもつながります。

そして、薪を燃やしてオーロラのように揺らぐ炎には「1/f ゆらぎ」という、川のせせらぎやそよ風のような癒し効果があるそうで、海外では薪ストーブの炎だけを流す番組が高視聴率をとるほどなのだそうです。

現代には、エアコンなどの便利な機器もありますが、オーナーの渡辺さんは「手間暇をかけてでも使う価値があると思ってますね。」と仰っていました。

広大な薪作りの作業場

渡辺さんは薪の販売から薪作りまでも行われており、特に薪作りに関しては、実に広大な作業場を所有して製造していらっしゃいます。

実際に作業場に案内していただくと、そこには何やら大きな機械が…。
話を聞いてみると、こちらはイタリア製の薪割り機だそうで、お値段はなんと家一軒分ほど…!まだ、日本にはこの場所に1台しかないんだとか。これだけでも、渡辺さんの薪作りへのこだわりが感じられます。

こだわりのプレミアム薪

そして、渡辺さんがこだわっているのは機械だけではありません。この三瀬村という場所も、いろんな場所を探してようやく出会った場所だそうです。
三瀬村は昼と夜の気温差があり、東西に流れる強い風が年間をとおして吹き続けるため湿度が低く、薪を乾かすのに最適な環境なのだそうです。

さらに、渡辺さんはこだわりの薪を調達するために、脊振山系で山を買い、そこに山師さんを入れて伐採したものを持ってきてもらっているそうです。


様々な事にこだわり抜いた渡辺さんの薪は、購入したお客様からはプレミアム薪と言われるほど高品質なのだそうです。最近では薪ストーブに活用するだけでなく、キャンプをする方達にも人気が出ています。

薪作りへの思い

最後に渡辺さんは「ストーブをつけたお客さんでも、薪だけを買いに来たお客さんでも喜んでくれます。それが一番やり甲斐があります。本当にみなさんに使って欲しいという気持ちがありますし、心を豊にしてくれる燃料だと思っているので、体験して使ってもらいたいなと思います。」と薪作りへの思いを話されました。

薪と薪ストーブショップ いのり薪
住所:佐賀市三瀬村杠290-12

【キャンプ用の薪の販売】 
旬菜舎 さと山
住所:佐賀市富士町下合瀬山神739-1

こちらもおすすめ