佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 有明海特有の「ウミタケ」簡易潜水器漁 試験操業始まる【佐賀県】

有明海特有の「ウミタケ」簡易潜水器漁 試験操業始まる【佐賀県】

サムネイル
今年もわずかながら有明海産のウミタケが食卓に上りそうです。生息範囲の拡大や成貝の増加などをうけ今年も25日から潜水士による試験操業が始まりました。

【記者】「午前9時すぎ、風やしけはほとんどなくおだやかです。今から潜水士が海に潜ってウミタケをとりにいきます」

有明海特有の二枚貝ウミタケ。
ウミタケは生息数の減少をうけ2007年以降休漁が続いていましたが、おととしから試験操業が行われています。

先月の調査で生息範囲の拡大や成貝の増加などが確認できたことから、今年も今月19日から「ねじ棒」とよばれる漁具を使っての試験操業が始まり25日からは海に潜る簡易潜水器漁の試験操業が行われています。

【簡易潜水器協議会 井口繁臣会長】「かなりいる」「興奮する。昔を思い出す」

早津江川沖には4隻の船が集まり、4人の潜水士が、海底に埋まっているウミタケをひとつひとつとっていきました。

このうち井口繁臣さんの船には2時間ほどかけて約220個のウミタケが水揚げされました。

【簡易潜水器協議 会井口繁臣会長】「最近ではかなり多い方。個体もかなり大きく成長しているから期待が持てる」「もう少し増えて昔のように県民の皆さんの食卓に並ぶような食材になってほしい」

今年は去年より規模や期間を延ばし5トンを上限に今月30日までの12日間行われる予定で、とれたウミタケは福岡県の筑後中部魚市場へ出荷されます。

最新ニュース

2019/07/20 (土) ニュース

2019/07/19 (金) ニュース

2019/07/18 (木) ニュース

2019/07/17 (水) ニュース

全国ニュース