佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 並行在来線の負担めぐり佐賀が難色 長崎側が“想定を超えた分の半分の負担”を求める

並行在来線の負担めぐり佐賀が難色 長崎側が“想定を超えた分の半分の負担”を求める

サムネイル
九州新幹線長崎ルートの開業後、並行在来線となる肥前山口ー諫早間の維持管理費について、佐賀県と長崎県で負担割合をめぐり意見が分かれていることがわかりました。

九州新幹線長崎ルートは開業後、並行する在来線の肥前山口と諫早間が、鉄道設備を佐賀県と長崎県が保有しJRが車両を運行する上下分離方式となります。この維持管理費は、当初年間2億3000万円と想定されていましたが、資材費や労務費の上昇などのため従来の想定額を大幅に超える見通しだということです。

この負担については、2008年に佐賀県の古川康知事と長崎県の金子原二郎知事の間で「佐賀1対長崎2」と取り決めていましたが、県によりますと長崎県側が”想定を超えた分の半分の負担”を求めているということです。

山口知事は8日県庁で報道陣に対し、「2対1で払うというのが長崎側の誠意だった。それを後から値切ってくるのは何なのか」と不快感を示しました。
佐賀県は長崎県に対し、従来の負担割合を変更する考えがないことを伝えているということです。

最新ニュース

こちらもおすすめ

全国ニュース