佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 「サリン」と書いたビン 元勤務先に置いた女に有罪判決 佐賀地裁

「サリン」と書いたビン 元勤務先に置いた女に有罪判決 佐賀地裁

元勤務先のスーパーに「サリン」と書いたビンを置いたり、陳列されていた商品に針を刺し込んだりしたなどとして、偽計業務妨害の罪に問われていた女の裁判が17日あり、佐賀地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

起訴されていたのは、佐賀市に住む46歳の無職の女です。女は2018年から2019年にかけて、元勤務先のスーパーの女子トイレに重曹を水に溶かした液体が入ったビンに「サリン」と書いて置いたり、陳列されていた商品に針を刺し込んだりしたなどとして、偽計業務妨害の罪に問われていました。

17日に佐賀地裁で開かれた初公判で、女は「間違いありません」と起訴内容を認め、動機については、「勤務当時の上司からの叱責や同僚からの陰口などへの恨みからやった。お店が困れば良いという気持ちだった」などと話しました。

裁判は即日結審し、検察は「事情があったにせよ、店舗側は犯行にさらされる理由はなく、商品の廃棄や防犯カメラの増設など経済的な損失を強いた」として懲役2年を求刑しました。

判決で、佐賀地裁の今泉裕登裁判官は、「犯行は身勝手かつ危険で悪質なもの」とした一方で、「計画性が乏しく、事実を認めて反省の色を示している」などとして、懲役2年執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

最新ニュース



こちらもおすすめ


全国ニュース