佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. ワクチン接種の不安、疑問について青木教授にきく【佐賀県】

ワクチン接種の不安、疑問について青木教授にきく【佐賀県】

サムネイル
視聴者のワクチン接種に対する疑問点や不安点について青木先生にききます。
サガテレビアプリのアンケート調査では、回答者のうち27%が「接種しない」、もしくは「未定」と答えていて、このほとんどが副反応に対する不安を指摘しています。

Q、(60代女性)
変異ウイルスに効果はある?
A、【青木教授】
効果はあると思っていただいて良いと思います。
Q、変異ウイルスと従来のウイルスで効果の違いはありますか?
研究の中では微妙な違いはありますが、全体の免疫機能で対応しますので、変異ウイルス対しても効果があると思ってもらっていいと思います。
変異ウイルスに対しては効果が低くなるのではないか、という心配はわかりますが、積極的にワクチンを接種していただきたいと思います。

Q、(60代男性)
全国的には接種後に死亡した人も。本当に大丈夫?
A、【青木教授】
接種後に起きたことが全てワクチンと関係があるわけではありませんので、死亡についてはおそらく関係ないのではないかと思います。否定できない、というと不安が募るだけですので、私も佐賀県で何万人も打っていますけれども、一人も(死亡は)ありませんので心配ないと思います。

Q、(30代女性)
接種後の効果が続く期間はどれぐらい?
A、【青木教授】
いままでの科学的な知見をもとにすると、3か月以上は間違いなく効果が続くと考えていいと思います。ただ、ワクチンが開発されてから1年も経っていないので、長くても1年間ということしか言えない。

Q、キャスター
接種をして効果が出始めるのはいつ頃から?
A、【青木教授】
2回目の接種を終えて2週間くらい経つと、効果が最大になると思ってください。

Q、(30代女性)
将来的に何か身体に影響が出る可能性は?
A、【青木教授】
初めてのワクチンですので何とも言えません。少なくとも1か月、2か月、半年後には何も起きていません。ですから注意深く経過を追っていく必要はあると思いますが、今は少なくとも、将来的な身体への影響が怖くてワクチンを打たない方がいいということは一切ないと、考えていただいて良いと思います。

【キャスター】
では、スタジオのみなさんの質問にも答えて頂こうと思います。

Q.16歳以下のワクチン接種は大丈夫?
A、【青木教授】
16歳以下と以上で特にリスクが変わるということはないと思います。
効果の効き方が若ければ若いほど弱いということはあるかもしれませんが、リスクについては、16歳以下は打たない方が良いということはない。打って大丈夫だと思います。

Q、キャスター
どれくらい若い年齢までワクチン接種は可能?
A、【青木教授】
まだよくわかりませんが、少しずつ年齢を下げていくことになると思います。流行が落ち着いてくれば打たなくてよくなる可能性もあると思います。

Q.ワクチン接種後の副反応に年齢によって違いはある?
A、【青木教授】
佐賀大学での接種経験だけですけれども、若い人ほど、特に2回目の接種の後に、ごく一部の方ですが、発熱が出やすい傾向があります。高齢になるほど副反応の心配はないと思いますので、むしろ打って予防する効果の方が大きいと思っていいと思います。

【キャスター】
Q.ワクチンについていろいろ伺ってきましたが、例えば、県民全体の何%が接種すればコロナウイルスを制圧したと言える?
A、【青木教授】
ワクチンを打って確実に免疫がつくとなれば最低7割、ただ確実でない部分もありますので80%~90%をめざして、安全性にはそれほど不安を持つ必要はありませんので、ぜひ接種していただきたいと思います。

最新ニュース



こちらもおすすめ


全国ニュース