佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 佐賀女子短大で「巻き柿」作り体験

佐賀女子短大で「巻き柿」作り体験

サムネイル
干し柿の産地として知られている佐賀市大和町の松梅地区で、伝統的な食べ物として親しまれている「巻き柿」。この文化を継承しようと栄養士を目指す短大生と松梅地区の小学生が、巻き柿作りを体験しました。「巻き柿」は干し柿を開いて種をとり巻きずしのように巻いて作る保存食で、佐賀市大和町の松梅地区で古くから家庭のお茶菓子として親しまれています。この文化を受け継いでいこうと佐賀市の佐賀女子短期大学では、栄養士を目指す1年生が毎年この時期に巻き柿作りを体験していて今年で6回目です。【千住記者リポート】「子供たちにも巻き柿の作り方を知ってもらいたいと、今年は松梅地区の小学生も参加しています」学生たちは松梅地区で地域おこしなどに取り組むメンバーから指導を受け、巻き柿作りに挑戦しました。【小学生の話】「今日初めて見た。柿を巻くところが一番てこずりました」【短大生の話】「見たこともないです。切ったらすごくきれいな柄でこういうお菓子もあるんだなと思った」22日に作った巻き柿は冷凍し、完成までに半年ほどかかるということです。

最新ニュース

2019/02/19 (火) ニュース

2019/02/18 (月) ニュース

2019/02/17 (日) ニュース

2019/02/16 (土) ニュース

全国ニュース