佐賀のニュース・天気

灰ふりまつり

サムネイル
11日、唐津市の神社で伝統行事、「灰ふりまつり」が行われました。唐津市の湊八坂(みなとやさか)神社に伝わる伝統行事、灰ふりまつりは、毎年2月11日に行われていて、灰をまかれた人は1年間、無病息災になると言われています。前厄を迎える地元の男性22人が、境内の入り口で参拝客の足元に灰をふりかけ厄を払っていました。【参拝客の話】「みんな健康で元気で良い1年になりますように」まつりは、およそ1800年前、神功皇后が玄界灘を渡って戦に出ようとした際に霧が濃く船が進めなかったところ、榊(さかき)を焼いて灰をまくと霧が晴れたという伝説が由来とされています。境内では灰の袋詰めが販売されていて、参拝者は厄払いのために購入していました。

最新ニュース

2019/02/19 (火) ニュース

2019/02/18 (月) ニュース

2019/02/17 (日) ニュース

2019/02/16 (土) ニュース

全国ニュース