佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 【終活】最近の葬儀事情“家族葬”増加

【終活】最近の葬儀事情“家族葬”増加

サムネイル
人生の終わりについて考える「終活」。数十万から数百万とも言われる最近の葬儀事情について取材しました。人生最後のセレモニーといわれる「葬儀」。経済産業省によりますと2015年に佐賀県内で行われた葬儀はおよそ1万件。気になる費用は、半数近くの4701件が50万円以上100万円未満となっています。また、通夜や葬儀の場所も変化しています。【メモリード佐賀支店施行部・大橋啓範支配人】「20年ほど前からこういった葬儀場ができ、(自宅などではなく)葬儀場で通夜・葬儀を行うことが増えてきた。また、大勢が集まった昔の通夜や葬儀と比べ参列者の人数や式の在り方も変わっています。その中で最近の傾向は聞かれたことあると思いますが『家族葬』という言葉があります。ただ家族葬にはあまり定義がなく、幅広く、家族・親族のみでとり行う場合、家族・親族プラス故人と近い人方だけを集めた小規模な葬儀をとり行うこともある。(参列者が)5人、10人の場合もあるが、30~50人くらいが多くなってきている。」「昔と比べると近所付き合いなども少なくなり人と人とのつながりが薄くなってきているからではないかと」大橋さんは話します。費用は葬儀の規模によってさまざまですがこの葬儀場では平均100万円前後だということです。また、最近では事前に葬儀の準備をする人もいるといいます。【メモリード佐賀支店施行部・大橋啓範支配人】「何か準備できることはないか、費用はどのくらいかかるか相談に来られることはある。具体的に見積もりを作ったり、必要なものとしては遺影の写真。これがけっこう探すのが大変、急なことなのでどこに写真があるか分からない、探すのにひと苦労なので写真は先に作るなど、相談に来る方の中では多い。残された家族に心配をかけないように準備するのはいいことではないか。」残された家族のために葬儀の規模や誰を呼ぶのか事前に決めておくことも「終活」の一つと言えそうです。

最新ニュース

2019/04/22 (月) ニュース

2019/04/21 (日) ニュース

2019/04/20 (土) ニュース

2019/04/19 (金) ニュース

全国ニュース