県警逢阪本部長が離任会見

2018/01/12 (金) 18:51

今月15日付けで異動する県警察本部の逢阪貴士本部長が会見し、交通事故防止やニセ電話詐欺の抑止で一定の成果を出せたと任期を振り返りました。【県警察本部・逢阪貴士本部長】「県警の課題の交通事故抑止対策はじめ各部門で一定の成果をあげることができたと思う」逢阪氏は、おととし8月からおよそ1年5カ月県警察本部の本部長を務め、今月15日付けで警察庁へ異動します。12日の離任会見では「交通事故抑止対策に一番力を入れた。県民の意識が高まり、発生件数も減少してきた」と任期を振り返りました。また、ニセ電話詐欺対策についても「組織を挙げて取り組み、高齢者のATM振込制限の導入が進むなど一定の成果があった」と話しました。一方、県警の護送車が衝突事故を起こし護送中の容疑者が死亡した事故については、「重大な結果を招いてしまった。再発防止策として車両の改善など一通りの手当ては出来た」と話しました。

1/12 (金)のニュース

最新のニュース