さざんか千坊館にフルーツ工房

2018/01/13 (土) 18:19

吉野ヶ里町の道の駅「さざんか千坊館」に、地元素材を使ったスイーツ工房が増築され、リニューアルオープンしました。工房の中島新太郎代表は「この施設を吉野ヶ里の人がいろいろな人を連れてきたいと言うような場所にしたい」と開店のあいさつをしました。吉野ヶ里さざんか千坊館は、およそ8000万円をかけて、去年の10月から増築工事を行ってきました。増築された新たな棟には、脊振の湧水を使ったジュレや栄西茶のシュークリームなど、地元の特産物を加工したスイーツの販売コーナーが設けられ、13日は開店を待ち望んだ多くの客が訪れました。来店客は「産直で新鮮な野菜も買えるし、ここでこの子にもおいしいスイーツを食べさせてあげられれば」と話していました。店舗の2階部分には展望ホールが新設され、陸上自衛隊目達原駐屯地など、町の全景を一望することができます。さざんか千坊館では今回のリニューアルで、従来より10万人多い年間40万人の来館を目指すということです。

1/13 (土)のニュース

最新のニュース