卒園前に園児がお点前披露

2018/02/14 (水) 17:27

来月、認定こども園を卒園する園児たちが1年間の練習の成果を披露する「卒園茶会」が、唐津市で開かれました。唐津市にある昭和幼稚園・なかよし保育園では「わび・さびの心」に触れて日本の伝統を身につけてもらおうと、およそ30年前から年長児を対象に毎月2回お茶教室を開いています。【記者リポート】「子どもたちは少しおぼつかない手つきで一生懸命お茶をたてています」卒園茶会は来月の卒園を前に園児たちがこの1年に習った礼儀作法をみてもらうことで、保護者へ感謝の気持ちを伝えようと、毎年開かれているものです。【園児】「たのしかったです」【園児】「お茶がおいしかったです」【保護者】「1年間の成長が感じられてすごくおいしかったです」茶会で使った器は去年の夏に親子で絵付けした唐津焼で、器に触れながらその出来栄えを確認していました。この卒園茶会は16日まで開かれ、あわせて97人の園児がお点前を披露します。

2/14 (水)のニュース

最新のニュース