神辺の獅子舞 3年に1度の奉納

2018/04/17 (火) 17:48

鳥栖市神辺町で約300年の伝統を持つとされ3年に1度披露される獅子舞が奉納されました。神辺の獅子舞は、鳥栖市神辺町で300年ほど前から続くとされる伝統芸能で、五穀豊穣や無病息災を願い3年に一度、老松神社に奉納されています。「獅子つり」と呼ばれる子どもたちが鉦や太鼓の音に合わせて棒を振り回し、雄・雌2頭の獅子を巧みに操りました。【獅子つりの男の子】「たのしかったです」【見物客女性】「3年に1回とても楽しみにしている」【見物客男性】「10年ぶりくらい。初めから終わりまで見たのは。素晴らしかった」この獅子舞は戦時中、一時途絶えましたが、地元の有志らによって1966年に復活したということです。

4/15 (日)のニュース

最新のニュース