吉野ヶ里歴史公園園児が彼岸花植える

2018/05/17 (木) 12:05

鮮やかな赤い花で、行楽客を楽しませようと、17日吉野ヶ里歴史公園で地元の園児たちが彼岸花の球根1000個を植えました。彼岸花の植栽は九州緑化協議会や県造園建設業協会などが、公園内に里山の原風景をつくり訪れる人を楽しませようと取り組んでいるもので今年で5年目です。神埼市と吉野ヶ里町の3つの幼稚園やこども園から120人の園児が参加。公園の南内郭北側の一角に深さ10センチほどの穴を堀り1000個の球根を一つ一つ植えていきました。【園児は】「たのしかった。6個くらい(植えた)」「きれいなお花がいいかな。おともだちと(見たい)」植えられた彼岸花は、9月の秋の彼岸ごろに見頃を迎えるということです。

5/17 (木)のニュース

最新のニュース