佐賀銀行と佐賀共栄銀行 3月期決算

2018/05/17 (木) 12:03

佐賀銀行は今年3月期の決算を発表し、子会社からの配当金などから単体では増収増益となりましたが、連結では減収・減益となりました。また佐賀共栄銀行は、2年ぶりの増収増益です。佐賀銀行の3月期決算は単体では売上高にあたる経常収益が、前の期と比べて0・5%増の437億6000万円で、2期ぶりに増収となりました。また経常利益は大幅に増え112億7800万円で、4期ぶりに増益に転じました。去年、完全子会社化した企業からの配当およそ85億円が発生したことが主な要因で、実態としてはマイナス金利の影響で有価証券の運用の悪化は続いていて、連結では減収・減益となりました。一方、佐賀共栄銀行の経常収益は収益の8割を占めている貸出金利息収入や株式などの売却益の増加などから、前の期より4.4%増の57億6000万円、経常利益は前の期より37%増の8億200万円と2期ぶりの増収・増益です。

5/17 (木)のニュース

最新のニュース