高校野球3日目 鹿島実業×北陵

2018/07/12 (木) 19:42

今年で100回を迎える夏の高校野球佐賀大会大会3日目、鹿島実業は鹿島高校と再編統合のため「鹿島実業」として最後の夏の大会に臨みました。【鹿島実業野球部OB】「最後なのでのびのびと開き直ってやって欲しい」【鹿島実業野球部OB】「最後に一花咲かせてもらいたい」再編統合で最後の夏の大会となる鹿島実業は、佐賀の北陵と対戦しました。1対1で迎えた5回の表鹿島実業はノーアウト1・2塁で3番・平古場のタイムリーツーベースヒットで勝ち越します。続く4番光竹もスクイズを決め4対1とリードを広げます。鹿島実業はその後北陵に追加点を許しますが、7回表まで5対3と試合をリードします。追いつきたい北陵は7回の裏、4番・田代のタイムリーヒットや、5番・ビアイ・マイケルの犠牲フライで同点に追いつくと続く6番・吉武がタイムリーヒットを放ち逆転に成功します。鹿島実業は8回に同点に追いつきますが、その裏北陵が一挙に7点を奪い8回コールド13対6でやぶれました。【鹿島実業村井璃稀也主将】「最後の鹿島実業としての大会だったけど歴史ある校歌を歌えなかったのが悔しいです」【鹿島実業西村秀範監督】「(統廃合するが)鹿島の土地柄で全力で、ひたむきでやる生徒たちがこの後もやるわけだから必ずいいチームができると思います」

7/12 (木)のニュース

最新のニュース