九電 あすにも再生エネ出力制御へ

2018/10/12 (金) 11:57

電力の需給バランスが崩れ大規模な停電が起きるのを防ぐため、九州電力は13日にも、太陽光など再生可能エネルギー事業者に一時的に発電しないよう求める「出力制御」を実施する可能性があります。「出力制御」は、九州電力が九州内の太陽光や風力発電の再生可能エネルギー事業者に対し一時的に発電しないよう求めるものです。九電は、13日と14日九州各地が概ね晴れて一定の太陽光発電が見込まれる一方、気温は上がらずエアコンなどの電力消費は伸びないと予想し、昼間に発電しないよう求める可能性があるということです。県内で対象となるのは太陽光発電がおよそ2000件、風力発電が8件で住宅に設置している太陽光発電は対象外です。出力制御を実施する場合九電は前日の夕方までに対象の事業者を確定し通知するとしています。

10/12 (金)のニュース

最新のニュース