小学生認知症サポーター 養成講座

2018/12/06 (木) 18:16

地域で認知症の人を見守る「認知症サポーター」を養成する講座が佐賀市の小学校であり、子供たちが寸劇やクイズを通して学びました。認知症サポーター養成講座は、子供たちに、認知症の人に対する理解を深めてもらおうと地元の民生委員などが開いたものです。6日は、北川副小学校の5年生、約90人が参加しました。子供たちは認知症の高齢者が食事直後に食べたことを忘れるなどといった症例を寸劇やクイズを通して学びました。【講座を受けた子供の話】「認知症の人がいたら優しくしたいけどなかなか難しいかな。どうしようも出来ないからイライラしてることを学びました」

12/6 (木)のニュース

最新のニュース