アナウンサー 波佐間崇晃

  1. トップ
  2. アナウンサー
  3. 波佐間崇晃
  4. 長期休暇は(前編)~いくたびも~

長期休暇は(前編)~いくたびも~

いくたびも 雪の深さを尋ねけり

大好きな俳句の1つです。
ただ、今回のブログのタイトル「いくたびも」は「幾度も」ではなく「行く旅も」です!

 

10月下旬、長期休暇をいただきました!

前々から「連休をもらったら一人旅をしよう」と決めていた私。

行先は果たして!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

穏やかな波に揺られ、フェリーに乗ること約1時間。

陸地が見えて参りました。

九州ではない!?

この時点で気付かれた方はかなりの強者です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

港に着いて更に車で約2時間。
目的地到着です!

そうです!道後温泉!!


冒頭でご紹介した句の主は正岡子規です。
子規生誕の地、松山。
実はこれまで訪れたことがありませんでした。
町のいたるところに城下町、温泉街の風情があり、子規が愛した理由が良く分かります。


私が宿泊したのはこちら!

丁度、今年が築100年目の「常盤荘」という老舗旅館です。
100年前の1920年は今話題の「鬼滅の刃」の時代設定となっている大正時代ですね!
レトロな雰囲気を残しつつも内装は4年前に大幅リニューアルされたそうで、かなりきれいです。

↓私が泊まった部屋です。
やはり畳の上は落ち着きますね…入った瞬間からくつろげました。

と!その時!!
ある物が目に入りました!

何とも古めかしい電話!置物ではありません!
ちゃんとフロントへの内線がつながっています。

 

 

部屋が大いに気に入ったのでゆっくりしていたかったのですが、旅は時間との闘い。
すぐに最初の目的地に向かいます!

私にとって松山と言えば正岡子規です。
となると、もちろん最初に訪れたのは…

子規記念博物館です。

子規の生い立ち 野球との出会い 夏目漱石との友情 結核を患い死と向き合う姿勢

館内の子規ゆかりの品々がこれらを物語っていました。

さらに、夏目漱石の下宿先「愚陀仏庵」の復元(1階部分のみ)も見応えがあり、展示物がとても充実していました。
(気付いたら入館時間は1時間半を超えていました)

34歳という若さでこの世を去った子規。
生涯で生み出した俳句は20000以上。他界する前日まで俳句を作ったそうです。
子規の生き様を肌で感じました。

 

博物館を出ると、ひんやりとした爽やかな秋風が頬を伝います。
陽は随分と傾いていて、緩やかな坂道は橙色に染められていました。

私は充実感に満たされていました。
心の中で叫びます。
 

「これぞ一人旅!!!」

 

【後編に続きます】

波佐間 崇晃

波佐間と書いてハザマと読みます!「は」っきり、「ざ」んしんに、「ま」ごころを込めて…放送に全力投球します!一言入魂!!

  • 出身地:福岡県糸島市
  • 星座:双子座
  • 血液型:A型
  • 担当番組:ニュース

他のアナウンサーブログ

こちらもおすすめ

サガテレビ 公式SNS
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • YouTube SAGATV
  • サガテレビグループリクルート
  • dummy
  • JONAI SQUARE
  • エディターズ佐賀
  • 海と日本プロジェクト
  • キャリロク
  • ビデオポスト
  • まつり人
  • 医療ナビ
  • GOOD ON ROOFS
  • お誕生日おめでとうフォト
  • 佐賀にわか「筑紫美主子の世界」DVD・再販売開始!
  • さがトピ!
  • PATIO
  • サガサンバ見逃し配信はこちらから
  • チャリティーキャンペーン
  • タカアンドトシの今夜、宿ナシ二人旅SP 北海道絶景キャンプ旅
  • サガテレビグループリクルート
  • dummy
  • JONAI SQUARE
  • エディターズ佐賀
  • 海と日本プロジェクト
  • キャリロク
  • ビデオポスト
  • まつり人
  • 医療ナビ
  • GOOD ON ROOFS
  • お誕生日おめでとうフォト
  • 佐賀にわか「筑紫美主子の世界」DVD・再販売開始!
  • さがトピ!
  • PATIO
  • サガサンバ見逃し配信はこちらから
  • チャリティーキャンペーン
  • タカアンドトシの今夜、宿ナシ二人旅SP 北海道絶景キャンプ旅