番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. 鷲尾の健康道場
  4. 今や現代病?「目の疲れ」

今や現代病?「目の疲れ」

スマホやパソコンの長時間使用などで感じる「目の疲れ」。最近悩んでいる人も増えているようです。そこで今回は目の疲れの症状や予防法を学びます。

目の疲れからくる症状と原因

目の疲れからくる症状

目が重い・痛い・かすむ・乾く・まぶたがピクピクするなど。
首や肩の凝り、頭痛なども「目の疲れ」からきている可能性があります。

原因
  • パソコンを使うことが多い
  • テレビを見ることが多い
  • 携帯電話を見ている時間が長い

VDT症候群とは?

モニターなどを長時間見ることによって心身に不快な症状が起こり、それがストレスとなってイライラ、不安、憂鬱感などを引き起こします。これをVDT症候群(Visual Display Terminal)といいます。

厚生労働省が「作業における労働衛生管理のためのガイドライン」といった基準を設定するほど、多くの人たちが悩んでいるそうです。

VDT症候群の予防法
  • まばたきを増やす(ドライアイ予防)
  • 定期的に目を休ませる(1時間連続でパソコン作業をする場合、15分の休憩をとる)
  • 目を温める(市販のホットアイマスクなどを付ける)

理想的な環境と姿勢

  • 画面を近づけすぎない
    顔から40~50cmくらい離す。モニター上辺が目の位置より数センチ高いのが理想的です。
  • まぶしい明るさにしない
    部屋と画面の明るさが同じくらいがベスト。日光が画面に反射してまぶしい場合は、カーテンを閉めましょう。

他にも

  • 近視や乱視などでピントが合っていない
  • メガネやコンタクトが合っていない
  • 目の疲れ、眼精疲労の症状がなくならない
  • 白内障や緑内障などの眼の病気
  • 糖尿病などの全身の病気

など、大きな病気が見つかるかもしれないので、違和感を感じたらすぐに眼科を受診しましょう。

こちらもおすすめ