番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. おっと!ほっと!おほちゃん!
  4. あなたは大丈夫!?~気になるいびき対策~

あなたは大丈夫!?~気になるいびき対策~

いびきを軽く見ていませんか?「危険ないびき」には病気の恐れもあります。そこで、佐賀中部病院 副院長の河島 通博先生に、改善方法を教えてもらいます。

いびきのしくみ

眠ると、舌のつけ根が奥へさがり筋肉がゆるみ、喉にある「気道」が狭くなります。この状態で息をすると粘膜が振動して音が出ます。これが「いびき」です。

いびきセルフチェック

  • 昔に比べ太って顔つきが変わった
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 夢をよくみる
  • 朝、目が覚めると喉が渇いている
  • 充分に眠ったはずなのに疲れがとれない
  • 日中の眠気がひどく集中できない
  • 下顎が小さい
  • 鼻・喉の疾患や高血圧等の生活習慣病がある

4つ以上あてはまったら、いびきをかいている可能性大・要注意!!

健全ないびきと危険ないびきがある!?

健全ないびき
  • 肉体疲労
  • ストレス
  • お酒や睡眠薬の服用
  • 風邪や花粉症による鼻づまり
  • 寝入りばなのいびき
危険ないびき
  • 一晩中かいているいびき
  • いびきに強弱がある
  • 仰向けになると、いびきが大きくなる
  • 急に大きく苦しそうにかく(あえぐ)いびき

危険ないびきは病気の恐れが!?

SAS「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)」
(10秒以上の呼吸停止が1時間あたり5回以上)
交通事故や日中に眠くなる原因となり、認知症、高血圧、脳血管疾患の原因となるとされています。

いびきを防ぐ方法

  • 耳鼻科的治療 → 鼻づまりなどを解消
  • 適度な運動 → 肥満予防
  • 節酒・禁煙 → 上気道のゆるみや炎症を予防
  • 横向きで寝る → 体位を変えることで、気道を確保
  • 枕の高さを調節 → あごを適切な位置に調整、気道を確保
  • 口呼吸の予防 → 鼻呼吸の習慣化(マウステープなどを使用)

改善ができない場合は早めに医療機関を受診しましょう。


佐賀中部病院
佐賀市兵庫南3-8-1
TEL:0952-28-5311