番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. 男前図鑑 KIRALIST
  4. 自身も唐津に移住し、移住希望者のサポートを行う男前

自身も唐津に移住し、移住希望者のサポートを行う男前

唐津市で移住促進事業を行う三笠さんをご紹介します。
NPO法人Network Stationで移住促進事業を担当する三笠旬太さん。笑顔が素敵な男前です。

唐津Switchとは打ち合わせや会議室などに使える「コワーキング型」シェアオフィス。唐津市から委託を受け、移住促進事業を行う場所です。
主に移住相談や、お試し移住体験のサポート、交流会など、唐津への移住のきっかけ作りを行っているそうです。
お試し移住体験を経て家族の方は30組中9組の方が実際に移住されました。

また、最近ではフランス、メキシコ、カナダなど海外からもお試し移住体験をされているそうです。

岡山県よりお試し移住を体験後、移住をされた山本さん。

とにかく唐津の人は温かく楽しい毎日を過ごしていると仰っていました。この日もサツマイモの差し入れをいただいたんだとか。

三笠さんと山本さんは、現在唐津市の魅力を発信する、フリペーパー「からっちゅ!」を作成されているそうです。

三笠さんに聞いた、唐津への移住者からの相談・要望 ベスト3はこちら。

1位 海辺の物件探し
2位 子育て環境について
3位 離島での暮らしについて

やはり1位は海辺の物件探し。最近は呼子の人気が高いのだそうです。

三笠さんは、青森県出身。母方の実家が空き家になったことから、2010年に唐津市に移住した移住者のひとりです。
休日は、サップをゴミ拾いを兼ねて行う、ボランティア活動を行っています。

唐津に移住後、フィジーへ留学、ニュージーランドで働いた経験もあることから、日本語教師の資格を持ち、唐津に住んでいる外国人の方に日本語を教えるボランティアも行っているそうです。

唐津のいいところをプレゼンしていただきました!

唐津といえば、唐津くんち・唐津焼・呼子のいか・唐津の自然思い浮かべますが、三笠さんが唐津に来て思ったことは「唐津は広い!!」唐津はたくさんのエリアや島があり、「それぞれの地域が異なった文化や歴史を持っている」「唐津はいろんな要素がギュっと詰まった魅力がある街。」三笠さんが思う、唐津の魅力は❝多様性❞なのだそうです。

そんな三笠さんの仕事へのこだわりは「移住希望者と同じ目線で」。
相談者とアドバイザーという関係だけではなく、気軽に何でも質問していただけるような関係になりたいと語っていました。

唐津愛に溢れている三笠さんでした。

唐津Switch

住所:唐津市南城内2-6
電話番号:090-2507-0303

こちらもおすすめ