番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. 歴史のまち・吉野ヶ里町ってこんなところ

歴史のまち・吉野ヶ里町ってこんなところ

吉野ヶ里町について、吉野ヶ里町のゆるキャラ ひみか、そして吉野ヶ里町 産業振興課 真木建志さん、増田美佳さんと吉野ケ里歴史公園 福田敬さんにご紹介いただきます。

吉野ヶ里町ってこんなとこ

吉野ヶ里歴史公園

国営公園区域と佐賀県の公園区域を設けて、吉野ケ里歴史公園として古代の歴史ロマンを体感できる施設になっています。

乙護法堂(おとごほうどう)

乙護法堂といい、霊仙寺というお寺にあったお堂です。平安時代、脊振山信仰という山岳仏教が盛んで、霊仙寺はその背振山信仰の中心だったそうです。背振千防とたたえられ、多くの修験者が訪れたそうです。

記念塔

吉野ヶ里町は、東脊振村、三田川町が合併した町。このモニュメントは旧東脊振村の村制100周年を記念して建てられた記念塔です。

吉野ヶ里町クイズ

平成元年に吉野ケ里遺跡からよみがえった「ひみか」ですが「名前の由来」が2つあります。1つは「邪馬台国の卑弥呼」をイメージ。もう一つは何でしょうか?

正解は・・・3つの町村の頭文字

吉野ヶ里歴史公園が「東脊振村」「三田川町」「神埼町」にまたがっているので3つの町村の頭文字から、そして、邪馬台国の卑弥呼をイメージしてつけられました。ちなみに「ひみか」は男の子です。

問題 臨済宗の開祖「栄西禅師」が、霊仙寺におとずれてある種を撒いたのですが、その種とはいったい何の種だったでしょう?

①仙豆  ②蓮(ハス) ③茶

正解は…③茶 

問題 100周年記念塔には「あるもの」が埋められています。」いったい何が埋められているでしょうか?

正解は・・・「タイムカプセル」でした。
タイムカプセルは平成元年に埋められて、50年後に開けられるそうです。

吉野ヶ里町の名産品

  • 勾玉つくり体験 200円/250円

  • 栄西茶と栄西茶シュークリーム セット 140円

新SUN  吉野ヶ里店(道の駅吉野ヶ里)

営業時間 10:00~17:00(テイクアウト)
     11:00~18:00(イートイン 17:00 OS)

定休日  毎月第3水曜日


  • たまごかけしょうゆ 粋ーすいー 200ml(ビン) 640円(税込)

こちらもおすすめ