番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. つぐまさがゆく!
  4. 階級は高校生レベル!○○検定最年少合格のスーパーキッズ

階級は高校生レベル!○○検定最年少合格のスーパーキッズ

今回は、ある検定に最年少で合格したという小学5年生の吉田侑唯さんに会いに行ってきました。話を聞いてみると、合格した階級はなんと高校生レベルだということが分かりました!
吉田さんが合格した検定の名は「理科検定」。正式名称は、実用理科技能検定。この検定は、化学・生物・物理の知識を測る検定試験だそうです。
最初は8級からスタートした吉田さん。どんどん進級していき、小学4年生の後半頃には「2級 高校基礎」の化学レベルに合格したそうです。驚くべきは、勉強を始めてから2級の化学レベルに合格するまでの期間が、なんと約1年だということです。

吉田さんの勉強部屋へ

吉田さんが普段どのような勉強をしているのかを知るために、勉強部屋を案内してもらいました。勉強机を見た時に、目に飛び込んできたのは、小学生が普通は手に取ることのない高校生の参考書でした。

参考書の中身はやはり難しい内容ばかり。しかし吉田さんはそんな難しい問題に負けることなく勉強を続け、解答欄のノートにはたくさんの正解を導きだしていました。ちなみに、元素記号もすべて暗記しているそうです。

理科を勉強するようになったきっかけは?

理科の勉強を始めたきっかけは、吉田さんは小さい頃、薬を作る薬剤師になろうと思っていたそうで、その際に草花などの調合方法を調べて実験を重ねていくうちに、理科に興味を持つようになったのだそうです。
そこで、吉田さんのお母様が「理科が好きならもっと勉強してみれば」と言われたことがきっかけで、基山町にある理科検定の勉強ができる場所へ通い始めたのだそうです。

理科検定だけじゃない!ピアノも全国レベル

理科検定でも素晴らしい結果を残している吉田さんですが、それだけではありません。ピアノの実力も全国レベル。全国大会において、優秀賞を受賞しています。
他にも速読や塾などの習い事に通っている吉田さん。現在、一番力を入れているのはピアノだそうです。

子育ての方針がある?

吉田侑唯さんのお父様とお母様に、どんな子育てをされているのか話を伺いました。吉田敦晃さんと衣織さんです。
子育ての方針について「興味があることはさせますね。選択肢を多く持たせてあげたい。その中から何を選ぶかは、本人が考えること」と、お父様の敦晃さんは仰っていました。
最後に、お母様の衣織さんは「大人になったら好きなことをしてもらいたいと思っている。天才になってほしいとは全く思っていない。理科検定で合格した時は、ピアノも頑張っていたし学校の宿題も多かった。だから侑唯ちゃんは、スーパーキッズではなく、スーパー頑張ったキッズです。」と話されました。

こちらもおすすめ