番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. つぐまさがゆく!
  4. バズっちゃった!神秘的科学装置

バズっちゃった!神秘的科学装置

今回は、SNSで非常に話題となったある装置が佐賀にあるということで、取材に行ってきました。果たして、一体どういった装置なのでしょうか?


装置のことを詳しく知るため、佐賀県立宇宙科学館に行ってきました。さらに、その装置を開発した北田大樹さんに話を伺います。

物理装置「ペンデュラムウェーブ」

装置の名前はペンデュラムウェーブ。Twiitterに投稿後、あっという間に話題を呼んだそうです。

ペンデュラムウェーブは、糸の長さが違う振り子が15個並んでおり、一番奥は短く、一番手前は長くなっています。

最初、振り子はバラバラの動きですが‥。

やがて動きが揃いだし、一直線になったり、ヘビのような動きになったりとあらゆる形に変わっていきます。


北田さんは、この装置を完成させるためビデオ撮影したものを確認しながら、0.1ミリ単位のわずかな微調整を何度も繰り返しながら作りあげられました。

ペンデュラムウェーブは、作り方や材料はシンプルなのですが、完成させるにはかなりの根気が必要だったそうです。

作ろうと思った理由は?

県立宇宙科学館は、HPの「おうちで自由研究道場」にて自由研究のネタを紹介していらっしゃいます。
このペンデュラムウェーブは、ビー玉を使った振り子のネタの応用として紹介するために作られたのだそうです。

北田さんは「理科って面白いんだと感じてくれた方もいたし、すごいとか綺麗とか喜んでもらえる方々もたくさんいたので作ってよかったと思っています。」と仰っていました。

こちらもおすすめ