番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. さがQ7
  4. 300人に聞きました!私が選ぶ今年の漢字は?

300人に聞きました!私が選ぶ今年の漢字は?

2020年も残り一ヶ月を切りました。皆さんは、どんな1年をすごされましたか?今回のさがQ7は、佐賀県の方達に今年の1年はどんな年だったのか、そして漢字で表すとどんな字なのか聞いてきました!


橋爪アナ

まずは、橋爪アナに聞きました!サガン鳥栖コーナーやさがQ7など、新しい仕事に恵まれた1年だったので「新」だそうです。


医療系の学校に通う学生の方

4月から学校に通えず、リモート授業になっていたので、実技の授業を画面上でしか学ぶことができなかったのだそう。新しい学習のあり方を実感したので「学」と答えられました。


レストラン経営者の方

レストラン経営者の方は混乱の「混」。今年はコロナの影響で、初めてお店を休業されたそうです。早く当たり前の生活に戻ってほしいと仰っていました。


30代 会社員の方

7月にお子様が誕生され、3ヶ月前に佐賀に引っ越して来られたそうです。新しい命の誕生と、新しい場所での生活をスタートさせ自分も生まれ変わったという意味を込めて「生」と回答されました。


20 代会社員の方

コロナの影響で仕事のあり方が変わり、残業はなくなったが仕事の量は変わらず、時間が制限される中で今までと同じパフォーマンスをしないといけなく、とても忙しかったので「忙」と話されました。


医師の方

特に医療従事者など、コロナでいろいろな方が苦労していらっしゃいたので、コロナ禍の「禍」と回答されました。

最も多かった字は?

300人の方に今年の漢字を聞いて一番多かった漢字は、やはり「密」でした。300人中28人の方が「密」と答えられたそうです。

他にも多かったのがコロナ禍の「禍」。そして、コロナに耐えるの「耐」もありました。どれも、新型コロナに関連した漢字でした。

こちらもおすすめ