番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. さがQ7
  4. 唐津市の建物に乗っている オレンジ色の球体の正体は?

唐津市の建物に乗っている オレンジ色の球体の正体は?

唐津市のとある建物の屋上に乗っているオレンジ色の球体、みなさん見たことありますか?今回はその球体の正体について調査しました。


オレンジの球体の正体

オレンジ色の球体は、唐津市立成和小学校の校舎の屋上にありました。

校長先生に聞くと、オレンジ色の球体は貯水タンクという返答が。
成和小学校は1991年に創設されました。学校創設前はミカン畑だった事がきっかけで、学校のシンボルとしてミカンの貯水タンクを設置したそうです。

ミカンの貯水タンクは横幅4.4メートル、高さ3.8メートル。
貯水タンクができた当初はライトアップされていて、真夜中に大きなミカンがライトアップされて浮かんでいるのは衝撃的だったという話があったそうです。

成和小学校のミカン愛

成和小学校には集会でみんなを楽しませてくれたり盛り上げたりしてくれるみかポンというマスコットキャラクターがいます。
1年生~6年生が触れ合うオレンジタイムでもみかポンが盛り上げてくれるそうです。
ちなみに、みかポンになれるのは5年生・6年生で構成されるイベント事をまとめる計画委員の中で、メンバーで我こそはと立候補した子どもたちの中から選ばれるそうです!!

そして、おれんじぃ博士という勉強のヒントを教えてくれるキャラクターもいます。

算数や英語など授業の際にヒントをくれるキャラクターとして登場するそうです。特に算数のプリントや問題文を出す役割で子ども達が算数にとっつきやすいように学校側が工夫されているキャラクターです。

ちなみに、子供たちに話を聞いたところ、おれんじぃ博士のおかげで勉強を頑張ろう!と思うことは…ないそうです(笑)

他にもいたるところにミカンをイメージするものが!

  • 校章や校旗
    みかんの花をイメージ オレンジ色はミカンの実の色
  • 学校の東門
    みかんを連想する色

こちらもおすすめ