おさんぽグルメ

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. おさんぽグルメ
  4. 45年続く味を守りながら進化を続ける昭和レトロなお店「美濃源」

45年続く味を守りながら進化を続ける昭和レトロなお店「美濃源」

2021/03/25 放送分

佐賀市開成をおさんぽ♪まずは八戸溝低床公園で「春」を探します。

タンポポの綿毛。皆さんも子供の頃、息を吹きかけて飛ばして遊んだ記憶があるのでは?
春らしい白いお花を発見。ばっちりカメラに収めました。

佐賀八戸溝郵便局の前で「コロナ恵比寿」を発見。

2020年春、郵便局と自治会長さんの間で開成校区にも恵比須さんを建てようと話を進めるうちに、新型コロナウイルスの終息を願う恵比寿さんを作ることが決定。2021年1月10日に入魂式が行われました。
設置するにあたって寄付を募ったところ、開成校区の828の個人・団体から寄付が集まったそうです。

恵比寿さんが持っている釣り竿につけられたボールは新型コロナウイルスを表しています。世の中からコロナウイルスを取り去ってもらおうという思いが込められています。

美濃源

創業45年。20年前にお母様からお店を引き継いだご主人が、昔ながらの味を守りつつ、時代に合わせたアイディアを取り入れた料理を提供しています。


外観はお食事処、店内は昭和レトロな喫茶店の雰囲気。ソファやテーブルも45年間同じものを使っているそうです。
カツ丼 690円(税込)

カツはやわらかい豚バラ肉を使用。お肉のうまみと甘いタレの相性が抜群♪
一番のこだわりは45年間絶やさずに継ぎ足している秘伝のタレ。九州の甘くて濃い醤油をベースにみりんやお酒、芋焼酎を合わせています。先代は1種類の砂糖を使用していましたが、現在はザラメ・三温糖・黒砂糖の3種類の砂糖を使って甘味を出しているそうです。

焼肉定食 1080円(税込)

カツ丼と同じく秘伝のタレがこだわり。ショウガ・ニンニク・バナナ・リンゴ・人参・鷹の爪・ピーナッツなどたくさんの具材を使った甘めのタレです。ランチで注文する方が多いため、ニンニクを控えめにしているというご主人の気配りも。

ナポリタン 650円(税込)

お店の1番人気!45年続く昔ながらのナポリタン。生卵が麺に絡んでクリーミーな味わい。
あらかじめ麺を茹でて冷蔵庫で数時間寝かせることで麺はもちもちとした食感に。ご主人のアイディアで赤パプリカ・黄パプリカ・ベーコンなどを使用。具だくさんにしたそうです。

ホットコーヒー 400円(税込)

コーヒー好きのご主人がたくさん飲み比べて選んだ鳥取のコーヒー豆を使用。挽きたての豆を使いサイフォンで丁寧に入れた味わい深いコーヒーです。


これからのお店についてご主人に伺うと「45年続く伝統・味・雰囲気を自分なりに続けていきたい。お客さんにも『あの店おいしかったね』『また行こうね』と言ってもらえるお店でありたい」と仰っていました。

美濃源

住所:佐賀市開成6-12-36
TEL:0952-31-4862
営業:年中無休 10:00~20:00

関連記事

季節の花を眺めながら旬の野菜を♪心も体も癒される自然食レストラン「花ごよみ」

季節の花を眺めながら旬の野菜を♪心も体も癒される自然食レストラン「花ごよみ」

素材の味を活かすことを大事にする店主が営む老舗餃子専門店「ぎょうざ屋」

素材の味を活かすことを大事にする店主が営む老舗餃子専門店「ぎょうざ屋」

映画のロケにも使われた昔懐かしい喫茶店「モクモクハウス」

映画のロケにも使われた昔懐かしい喫茶店「モクモクハウス」

笑顔あふれる憩いの場に併設されたカフェ「37café」

笑顔あふれる憩いの場に併設されたカフェ「37café」

パワースポットのお隣♪お気に入りのカップでコーヒーが味わえる基山町のカフェ「エクラリッシュ」

パワースポットのお隣♪お気に入りのカップでコーヒーが味わえる基山町のカフェ「エクラリッシュ」

カレーの種類が豊富!本場のインドカレーが味わえる「カレーレストラン ナマステ」

カレーの種類が豊富!本場のインドカレーが味わえる「カレーレストラン ナマステ」

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ