番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. さがQ7
  4. 国道263号線沿いに謎の岩 県内最大の「磨崖碑」とは

国道263号線沿いに謎の岩 県内最大の「磨崖碑」とは

2017年、佐賀市大和町で県内最大の「磨崖碑(まがいひ)」が見つかりました。一体誰が作ったのか?何の目的があったのか?その謎に迫ります。


磨崖碑とは

崖や岩などに仏教に関する文字を彫ったもの。仏様を彫ったものは「磨崖仏」と言います。

三瀬と佐賀市街地をつなぐ国道263号線沿いにある磨崖碑。高さは約5メートルと県内最大で歴史的価値はかなりあるそうです。

近くで見ると、一つ一つの文字が大きく彫られているのが分かります。
磨崖碑には「南無大悲観世音菩薩」と彫られており、観音様を表しているそうです。台座には1674年(延宝2年)に彫られたと刻まれています。
記録によると、1673年(延宝元年)6月頃に「肥前 洪水」と佐賀県が水害で被害を受けていることが記されているそうです。
磨崖碑があるのは嘉瀬川がちょうどカーブしたところなので、氾濫したときはこのカーブで勢いが止まるよう、災害防止を祈って民衆が建てたのでは、と言われています。

また、巨大な岩石には神が宿るという「山岳信仰」のもとで作られたという説もあるそうです。

佐賀市教育委員会・文化財二係の松本さんから、もう一つ興味深いお話が。
磨崖碑の「南無」の文字の所に円が刻まれています。これは「頭光」と言って仏様の頭部の後ろにある光を表しています。

さらに、文字が蓮の花の上にかかれています。蓮の花は仏様を描くときに用いられるそうで、松本さんは「この岩は『磨崖碑』でもあり『摩崖仏』とも言える」と仰っていました。

ちなみに、摩崖仏とは唐津市相知町にある「鵜殿(うど)石仏群」のように、岩に仏様が刻みこまれたものです。

松本さんの話を聞いたうえで改めて遠くから見てみると、仏様の様に見えませんか?
松本さんによると、専門家の先生に見て頂いた時も「仏像で間違いない」と言われたそうです。

磨崖碑は今も昔も地域を見守り続けています。

巨石と言えば…

「巨石」と聞いて思い浮かぶのが、巨石パーク。
10メートル級の巨石がゴロゴロと点在する場所です。実は江戸時代よりはるか昔、奈良時代から巨石信仰があったとされ当時の文献にも巨石群の記録が。「川上に巨石あり」という記述もあったそうです。

こちらもおすすめ