番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. こそだてハグミィ
  4. ママのコミュニケーションの場にも♪子育て支援施設ってどんなところ?

ママのコミュニケーションの場にも♪子育て支援施設ってどんなところ?

育児をサポートする「子育て支援施設」。佐賀県内の各市町には様々な形態の子育て支援施設があります。今回は子育て支援施設がどんな施設でどんなことをやっているのか、実際に行ってお話を聞きます。

佐賀市子育て支援センター「ゆめ・ぽけっと」

佐賀市白山のエスプッラッツ2階にある「ゆめ・ぽけっと」は佐賀市が作った施設です。いつでも来られる・誰でも来られる・見守る職員がいる、親同士・子供同士が交流できる施設です。
0歳~小学校入学前までの乳幼児とその保護者が利用対象となっています。

広々とした施設内には遊具やおもちゃなどがあり、子供たちも、のびのびと遊ぶことができます。


実際に施設に遊びに来ている方にお話を伺いました。
生後6か月のお子さんと来ていたお母さんは、子育て支援施設について「同じ月齢の子のお母さん同士で離乳食の進み具合など色々な話ができるので、情報交換の場所として楽しい」と話します。
ご主人の転勤で佐賀県に来たばかりだという、生後10か月のお子さんを持つお母さん。まだ知り合いがおらず、ゆめ・ぽけっとには「楽しいので毎日来ている」そうです。また、施設には同じ月齢の子のお母さんも多く来ているため「子供同士も親同士もだんだん仲良くなるので、すごくリフレッシュしている」と話してくれました。

「ゆめ・ぽけっと」では、 子育てに関する情報を掲示したり、 買い物など保護者のリフレッシュを目的に最大2時間まで利用できる 一時的な託児室もあります。

※1時間あたり300円で2時間まで利用可能
※生後6カ月~未就学児まで
※事前登録と事前予約が必要

また、子育てに関する不安や悩みなどの育児相談も行っています。

ゆめ・ぽけっとでは感染症対策として、2時間以内の利用・入館時の消毒 検温・マスク着用・定期的な清掃除菌の実施・食べ物の持ち込み禁止などを実施。安心して利用できる様取り組んでいます。

ゆめ・ぽけっと

住所:佐賀市白山
電話番号:0952-40-7287
休館日:日曜・祝日・年末年始

※入館料無料

三田川児童館

吉野ヶ里町にある三田川児童館。
児童館とは、色々な年齢の子ども達が集まる遊びの場で0歳から18歳の子ども達が自由に遊ぶことができ、無料で利用できる施設です。

館長の直鳥さんによると、コロナ禍の影響で家で過ごすことが多く広い空間で遊ぶことができないというお子さんが、広くて遊び道具もたくさんある児童館で遊ぶことで元気になるという親御さんの声もあるそうです。

三田川児童館では月に1度「フルーツ親子広場」という毎月テーマを決めて、親子で楽しめるイベントを行っています。
取材当日のテーマは児童館のスタッフが牛乳パックで作った手作りおもちゃで自由に遊ぶというもの。みんな夢中で遊んでいます。

たくさん遊んだあとは手遊びの時間。歌に合わせて子供たちも手を動かします。

子供たちだけでなく、お母さんたちも楽しそうです。

1年ほど利用をしているというお母さんは「職員さんたちが試行錯誤しながらいろんなイベントを企画して下さっているので、親子共々楽しく参加させてもらっている」と話します。

赤ちゃんを連れたお母さんは「同じくらいの月齢の子もいれば、もう少し上のお兄ちゃんお姉ちゃんもいっぱいいるので、それを見て子供にも刺激になっている感じがある。自分の気分転換にもなっているので、いい機会をもらっている」と話します。お子さんが生後3カ月くらいの頃に児童館へ誘われたそうで、「ちょっと不安はあったけど、職員の方も優しく、皆から声をかけてもらえてすごく助かった」と話してくれました。


児童館のスタッフ・石橋さんにもお話を伺いました。
フルーツ親子広場は「独自性を持ったものを作るため始めた」もので、児童館は子供たちの居場所として作られているため「安心して、楽しくて、ワクワク出来るような場所」を心がけているそうです。


三田川児童館では様々なイベントが開かれています。
毎月第3木曜日に行われているのは「児童館ママのアラカルト教室」。吉野ヶ里町在住の方のみの予約制で、ヨガ教室やヘアーカット教室などを行っています。

毎月第1土曜日に行われているのが「将棋クラブ」。誰でも参加自由で、吉野ヶ里老人クラブの将棋クラブの皆さんが子供達に将棋を教えているそうです。

三田川児童館

住所:吉野ヶ里町
電話番号:0952-53-1117
開館時間:9:30~18:00
休館日:日曜・祝日・年末年始

※入館無料
※感染症対策のため 現在はイベントのみ吉野ヶ里町民限定

こちらもおすすめ