1. トップ
  2. PR
  3. SAGAものづくりフロンティア田口電機工業

PR

PR 2020/03/01 (日)

SAGAものづくりフロンティア田口電機工業

今回ご紹介するのは、基山町にある田口電機工業

手のひらサイズのケース中に何かちっちゃなもの。何に見えますか?

顕微鏡で覗いてみると…なんと、これ歯車。その大きさなんと0.5ミリ。
本来はこういったメッキ加工に特化した企業だったという田口電機工業。その技術を応用して、いま次々と新たな分野へ挑戦を続けています。
その一つが町中でも普通にみかけるようになったハイブリッド車や電気自動車。
ハイブリッド車や電気自動車の中枢部分を担うパーツの加工をこちらの設備で行っています。
ここで加工されたパーツは、パワー半導体と呼ばれるもので、車の動く・止まるを可能にするモーターを制御する大事な大事なもの。

働いている人たちは手にストップウォッチを持ち、徹底した管理を行っています。

時間のほか、温度や濃度など緻密で正確な作業を行ってはじめてパワー半導体は生まれます

この技術は、エアコンや洗濯機さらには新幹線など身近なものにも数多く使われています。

そしてもう一つ、田口電機工業が挑戦しているのが、ナノテクノロジーの分野。積極的に技術開発を行っていて、小さな歯車などを正確につくったりしています。

こういった開発は内視鏡や手術に使うカテーテルなど小型化が進む医療の現場ではとくに重要視され、その加工を可能にするこの工場はまさに未来を作っている企業です。

田口電機工業 代表取締役の田口英信さんは「メッキをキーワードに、メッキの技術を活かしてやれる仕事。いろんな分野でこれからの未来社会に向かって田口電機工業は飛躍していきたいと思います。」と仰っていました。
人命を救う医療の現場をはじめ、テクノロジーは日々進化中。現在は、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターとタッグを組み、シンクロトロンX線を使った微細加工に挑戦しています。

SAGAものづくりフロンティア放送予定
#1 2月23日放送
※再放送2月26日よる10時54分
#2 3月1日放送
※再放送3月4日よる10時54分
#3 3月8日あさ8時55分放送
※再放送3月11日よる10時54分
#4 3月15日あさ8時55分放送
※再放送3月18日よる11時24分
放送予定は予定が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

佐賀県中小企業団体中央会
ものづくり補助金についてはこちら

こちらもおすすめ