1. トップ
  2. 番組情報
  3. 「波田陽区のさがんまち珍道中」スタート!

番組情報

番組情報 2020/10/15 (木)

「波田陽区のさがんまち珍道中」スタート!

かちかちPress新コーナー!

『波田陽区のさがんまち珍道中』がスタート。

ギター侍で一世を風靡した波田陽区さんがおよそ2か月間、佐賀県内20市町をめぐり、各市町の旅の終わりにはその市町の歌をつくります。

さて、どんな旅になるんでしょうか。

ギータはいらない。

9月某日、波田陽区さんは企画内容の打ち合わせでサガテレビを訪問。

その企画内容とは・・・

なんと「ギターを琵琶にかえて佐賀の魅力をPRしてほしい」とのオーダー。

 “ギターはいらない”と告げられた波田陽区さん。

ギター侍なのに・・・

琵琶の師匠は佐賀出身の琵琶奏者、北原香菜子さん。

ロケ初日 新たな挑戦。

打ち合わせ後、さっそくロケ。

師匠とともに、まずは佐賀市から旅のスタートです。

琵琶を手にした波田陽区さん。

“波田陽区 ギターをやめて 琵琶の道”

新たな挑戦の始まりです。

目的のスポットは、秦の始皇帝から不老不死の薬を探す命令を受けて日本に上陸した徐福ゆかりの地。佐賀市観光振興課の森山紗妃さんの案内で“穴場”を巡ります。

声をかけられる波田陽区さん。

地元の人たちとの出会いも旅の醍醐味です。

佐賀市諸富町の金立神社で、徐福の像を目にした波田陽区さん。

琵琶に合わせて思わず舞を披露。

そして波田陽区さん一行はこのほかにも徐福ゆかりのスポットを巡りました。

上陸した徐福が生い茂る葦の片側を払いながら進んだと伝えられている「片葉の葦」。

徐福一行が井戸を掘って手を洗い、身を清めたと伝えられている古井戸「徐福お手洗いの井戸」。

次回も徐福ゆかりの地めぐり。

波田陽区さんは「徐福が残したパワースポット」で生まれ変わるのでしょうか。

乞うご期待!

☆『波田陽区のさがんまち珍道中』はサガプラスで見逃し配信中!

こちらもおすすめ