旬菜おかず+1らいぶ

肉じゃが

2019/11/01 放送分

今日の先生

(大牟田学園)大牟田高校調理科講師江口 成男 先生

(大牟田学園)大牟田高校調理科講師 江口 成男 先生
ジャガイモ、牛肉などを使って定番料理・肉じゃがを作ります。赤ワインやバターでちょっとひと手間♪ご飯がすすむレシピです。

材料(2人分)

ジャガイモ 300g/牛バラ肉(薄切り) 100g
ニンジン 1/4本/タマネギ 1/2個
糸こんにゃく 1/2袋/インゲン豆 4本
出汁 400ml/赤ワイン 50ml
濃口しょう油 40ml/みりん 30ml
砂糖 大さじ1・1/2/バター 大さじ1
サラダ油 適量/塩 適量


  • ジャガイモは皮をむいて乱切りにし 水に30分ほどさらす
  • インゲン豆はスジをとり塩ゆでして氷水にとる
  • カットした糸こんにゃくを塩もみして下ゆでする

  • 牛肉は3~4cmに切り ワインに漬ける
  • ニンジンは一口大の乱切りにする
  • タマネギはくし形切りにする

  • 漬け込んだ牛肉をザルにあげる
  • 鍋にサラダ油をひき 牛肉を炒める
  • 牛肉を一旦とりだし ジャガイモ・ニンジン・タマネギを炒める

  • 出汁を入れる
  • 落としぶたをして煮る
  • 糸こんにゃく・みりん・牛肉を漬け込んだワインを入れ 落しぶたをする
  • ジャガイモに竹串を刺してスッと通ったら 砂糖を加える
  • 牛肉・しょう油をいれ 落としぶたをして煮詰める

  • インゲン豆を入れる
  • 火を止め バターを入れる
  • 器に盛りつける

肉じゃが

今日のレシピのポイント

  • ジャガイモは水に晒してでんぷんを抜くことで、煮崩れしない。
  • 牛肉を赤ワインにつけることで柔らかくなる。
  • 糸こんにゃくは茹でる前に塩もみすることでコシがでる。
  • みりんを先に入れることで煮崩れを防止する。

関連レシピ

「ゴーヤのかき揚げ」ポイントは下処理!苦みをとって美味しく仕上げます

「ゴーヤのかき揚げ」ポイントは下処理!苦みをとって美味しく仕上げます

ミカン風味のパンナコッタ 季節のフルーツマチェドニア添え

ミカン風味のパンナコッタ 季節のフルーツマチェドニア添え

豚肉ロースのコンフィ  夏野菜とバルサミコの2種ソース

豚肉ロースのコンフィ 夏野菜とバルサミコの2種ソース

焼きおにぎりのうれしの茶漬け

焼きおにぎりのうれしの茶漬け

鶏もも肉のソテー 新玉ねぎとマスタードのソース

鶏もも肉のソテー 新玉ねぎとマスタードのソース

夏野菜の冷製そうめん

夏野菜の冷製そうめん

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ